お知らせ

    2021年5月20日
    大学院入試についての追加情報が、農学生命科学研究科のwebサイト内に掲載されました。受験予定者は必ずご確認ください。
 
 2021年4月3日
今年度の大学院入試の募集要項が、農学生命科学研究科のwebサイト内で閲覧可能です。ただし、受験予定者は、募集要項の正式な原本を必ず入手するようにして下さい。また、生産・環境生物学専攻としての大学院入試ガイダンスは、5月8日(土)の13時からオンラインで開催する予定です。

開催日時:2021(令和3)年 5月8日(土)13:00〜15:00
開催場所:zoomオンライン会議 (事前登録いただいた方にメールでリンクをご案内します)

事前登録はこちらから

  

入学を希望する人へ

事前に研究指導を希望する教員に連絡し、「研究目的・内容・方針」、「修了後の進路」、「受入可能な人員枠」などについてよく説明を受けて下さい。
このページの研究室紹介で、各教員および研究室の詳細な研究内容等をご覧になることができます。
お問い合せはこちらをご覧下さい。
 

生産・環境生物学専攻について

生産・環境生物学専攻は、主要作物、蔬菜、果樹、花卉、昆虫、蚕、および植物病原微生物を対象とした研究・教育を行い、植物生産と環境保全の分野で多くの優れた業績を上げてきました。
 
地球という閉鎖生態系の中に生きる人類にとってのより快適な環境を求め、食糧と緑を確保するため、分子・細胞・組織・個体・集団・地球とあらゆるレベルで教育・研究を展開しています。具体的な研究テーマは下記のようなものです。
 
 1. 農作物の生産性と質の向上、品種改良、昆虫を使った有用物質の生産、病虫害の生物的防除
 2. 持続的農業生産体系の開発
 3. 複雑化、膨大化を続ける生物学情報の処理方法の開発
 4. 植物を用いたオープンスペースの環境改善技術の開発と環境保全計画の立案
 

専攻の目的

生産・環境生物学専攻は、農業生産を支える生命科学、環境科学、生物生産科学等の分野の専門的知識を基礎にして日本と世界の食料問題や環境問題に対処できる人材を世に送り出し、かつそれら分野における世界的水準の研究者を養成することを目的としています。

 
専攻の研究室
   
    下記の各項目や教員名をクリックすることで、各研究室の概要や研究内容、問い合わせ先に関する情報へのアクセスが可能です。
  研究室
(Webサイト・動画・スライド)
  大学院学生の受け入れが可能な教員
(問い合わせ先メールアドレス)
  育種学研究室 【Webサイト】mp4   井澤 毅 教授,  伊藤 純一 准教授
  昆虫遺伝研究室 【Webサイト】mp4】【pdf   勝間 進 教授,  木内 隆史 准教授
  作物学研究室 【Webサイト】mp4   青木 直大 准教授
  園芸学研究室 【Webサイト】mp4】【pdf   樋口 洋平 准教授
  応用昆虫学研究室 【Webサイト】mp4】【pdf   松尾 隆嗣  准教授
  栽培学研究室 【Webサイト】mp4】【pdf   根本 圭介 教授,  藤本 優 准教授
  植物病理学研究室 【Webサイト】mp4   山次 康幸 教授
  生物測定学研究室 【Webサイト】YouTube】【pdf   岩田 洋佳 准教授
  植物分子遺伝学研究室 【Webサイト】mp4】【pdf   堤 伸浩 教授,  有村 慎一 准教授
  植物医科学研究室 【Webサイト】mp4   山次 康幸 教授(兼任)
  アジア生物資源学協力講座
mp4】【pdf
  高野 哲夫 教授
  津釜 大侑 准教授
【Webサイト】mp4】【pdf   鴨下 顕彦 准教授
  生産生態学協力講座 【Webサイト】pdf   河鰭 実之 教授,​​​​​  米川 智司 准教授,  本多 親子 准教授,
  安永 円理子 准教授,  矢守 航 准教授, 大森 良弘 准教授

教員紹介のページ